Snow Records

息子のこと中心の日記です



お泊り保育 :: 2014/08/15(Fri)

6月後半、大きな行事、お泊り保育がありました。

これに向けてずいぶん前から、先生と子どもたちと話し合いを続けていて
(この日にやります!ではなく、お泊りってどんなこと?
やりたい、やりたくない、なにをするか、何を食べるか)
一つ一つ問題を取り上げて、みんなで決めたからやる!というふうに始まりました。

夜、忍者やおばけが来たらどうしよう?走って逃げよう、
でもゆきは走るの遅いよ、手をつないで走ろう、といった話し合い(笑)です。

いつものプールを掃除してお湯を入れてお風呂にして、
夕食はカレーうどんをみんなで作るので
前日にスーパーに食材を買いに行って…
と、一つずつ、ゆきも一緒に参加しました。

はじめ、お泊り保育ってよくわかっていないようでしたが、
皆と準備するうちに、少しずつわかってきたようで
「(仲良しの友達と)おふろはいる!」と言ったり、
「カレーうどん、たのしみ~」と言ったりしていました。
当日が近づくにつれ、不安と楽しみで揺れ動いている
友達も多かったようですが、ゆきは体調崩すこともなく、
そして元気に参加できました。

当日の私は一日中気になって、いまどうしてるかな、
ごはん食べたかな、もう寝たかな、
園から電話がくるのではないかとずっとどきどきはらはらしていました。

このお泊りで、夏まつりの荒馬で使う手綱を完成するという大イベントがあります。
これまで長い伏線があって、もんもんびゃっこといくつも手紙のやり取りをし、
お泊りの夜、子どもたちだけで指令をクリアして
お宝まんちんの鈴をつけてもらうのです
(なんのことかわからないかもしれないですが)。
その子どもたちだけの探検にも、ゆきは仲間たちとちゃんと参加して
やり遂げて、その後の花火のときなどは
もうぐったりして「せんせい…だっこ…」だったそうです。


翌日朝のお迎えは別室に親が集まって、
子どもたちは先生が荷造りをしてくれて、
一人ずつ帰ってきて感動の再会をするのですが、
どの子もみんなきらきらした顔をして、親たちの方がじんわり泣きそうでした。
ゆきもにこにこ嬉しそうに出てきたのをみたときはほっとしました。
帰り道、いつもよりおしゃべりで、
やったことをずーっとお話してくれました。

34人の子どもたちに対して先生方15人態勢、
朝ごはんを作ってくれる職員の人たち、近所の交番、
たくさんの人たちのおかげで成功したお泊り。
帰る日の朝にもう『お泊り速報』という
多くの先生方がリレーで書いた分厚いプリントをもらって
ありがたくて感動しました。
ゆきも「たのしかったー!」と言っていて
私が心配するより、ずっと大丈夫なんだなと思いました。

IMG_2620-1.jpg
朝、新しいリュックで笑顔で「いってきまーす」



  1. 保育園
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<夏まつり | top | 最近の園でのみんなとの関わり>>


comment

ゆきくん楽しかったねー♪
園でのお友達との関わりもできるし
何よりビックリなのが
自分の意思を言えるとこ!
なかなかこれができない子が多い気がします。
それだけお話しできるからうらやましー
うち、文章になってないし
不明瞭だしなー
でも、お話しするのだいぶするようになりました!

私もお泊まり保育ドキドキだったなー♪
  1. 2014/08/20(Wed) 06:10:07 |
  2. URL |
  3. あっちゃん #-
  4. [ 編集 ]

あっちゃん。

ありがとう!お泊まり、ほんとドキドキだったー!
ゆきも、恥ずかしいとかあって、だいぶがんばって、
みんなとお話ししていると思うけど
何より周りの先生やお友達が働きかけてくれるおかげだと思います。

ゆーくん、暑くて大変だけど、がんばっててすごい!
ゆーくんかわいくって!
あっちゃんも体に気を付けて。私はへとへと…
  1. 2014/08/20(Wed) 11:00:24 |
  2. URL |
  3. ヒナ #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowrecords.blog16.fc2.com/tb.php/344-82f9c690
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)