Snow Records

息子のこと中心の日記です



最近の園でのみんなとの関わり :: 2014/08/13(Wed)

日々雑事に流されてあっという間に過ぎてしまい、
実家の片づけや暑いこともあり、なかなかゆきの成長を記録できません。
そんな中、保育園に行き始めてから毎日、連絡ノートを今も続けていて、
先生とのやりとりが貴重な記録です。ありがたいことです。

--

今までは先生が主にゆきに付いて、いろいろみてくれていたけど、
6月頃から少しずつ、その役をクラスの仲間がしていこうという方針になりました。
この先どんなところで生活しても、
困ったら手伝ってほしい、と助けを求められるようにゆきにはなってほしい、
仲間は、そういう子に気づいて、手助けできるようになってほしいという
先生の考えです。
それはお互いとても難しいけれど、先生はなるべく口出しをしないで見ていて、
みんなが困ったら出ていくようにしてくれてるそうです。

皆でなにかするとき、ゆきは自分で噛み砕いてわかって、
納得しないと絶対参加したくない!。
ポツンと見ているゆきを、一人二人と誘いにいって、
そのうちみんなに引っ張られて参加する、
でも脱走も泣きもしないで一通りやる。

私は連絡ノートをみてそのことをゆきにきくと
「いやだった…」と言うことがあります。
ゆきの中でも「ほんとはやりたくないけどみんなの手前やらなきゃ…」、
「やりたいけどみんなみたいにできない…」みたいな葛藤があるようで、
それがちょっとストレスのようです。

でも仲間に「ゆきはどうせわからないから」と
放っておかれるよりずっといいと思います。

お泊り保育の話し合いを班でしたときも
みんながゆきにも意見をきいてくれたそうです。
カレーうどんに何を入れるか、ゆきが「じゃがいもと玉ねぎ」と言って
ちゃんと採用されたそうです。

ほかにも、時計を見て次の行動をするとき
ゆきだけ遅れるのは、まだ時計がわからないからだよと
先生がみんなに教えると、じゃあ今度からゆきに教える!
というふうに、一つ一つゆきがわからないことを
みんなが知る、というかんじですすんでいるようです。

DSC_0111-1.jpg
近所の河原で。
雰囲気だけ釣りの練習…


  1. 保育園
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<お泊り保育 | top | お熱とか>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowrecords.blog16.fc2.com/tb.php/343-a1e89892
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)