Snow Records

息子のこと中心の日記です



両親のこと :: 2013/12/15(Sun)

先日、父と母の納骨に、遠くのお墓まで行きました。
いろいろあって今になってしまいましたが、
みんなで、ばあばも私の伯母も、父のお兄さんである伯父も
一緒に車で行きました。
出発の朝は、お世話になっている実家のお隣の方も最後のお見送りに来てくださいました。
とてもいいお天気で、空気が冷たくて気持ちよく。
お墓で、お経をあげていただいている間も
ゆきは静かに一緒に立って手を合わせていてくれました。
お墓に二人、おさめられるときは、
なんだか信じられない、ふわふわしたへんな気持ちでした。
ずっと、どうしようという気持ちと
もうこれでお別れという気持ちと両方あって、緊張したような気持ちだったけど、
これで一区切りなのだけど、
時間が経てば寂しいとか悲しいが薄れるわけではなくて、
前よりもっと、いろいろ後悔して眠れなくなったり
もう一度会いたいと、たまらなく思ったり、
でもきっとそういう繰り返しでずっと過ぎていくんだ、と思う。

思えばゆきは物心つく前から、
そして父が亡くなってからは、お休みの日は実家に行くのに付き合わされたり、
私のこういうことにずっと寄り添ってくれて
申し訳ないようなありがたいような。
ゆきの前で泣いたり、悪いことしたなと思います。
私の方がゆきにたくさん助けられました。



  1. ママ
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
<<冬のおでかけ | top | ある夏の朝>>


comment

こちらの胸も苦しくなってしまうほど
ヒナさんの思いお察しします。
でも一つ乗り越えられてよかったね。
書かれているとおり、
きっと波を一つ一つ乗り越えていくことしかできないんだと思います。
その波も少しずつ穏やかになっていくんでしょうが、
あくまでも平均的での話。
たまにどか~んと大きい波もくるんでしょう。
ゆきくんがそばいてくれるから
そんな波も乗り越えられるんだと思います。
私も子どもの前で涙は隠そうともしていないよ。
ようやくこのごろエイ兄がだいじょうぶ?と声をかけてくれるようになったくらいで
気づいていない場合のほうが多いかも(苦笑)。
自然でいいのかな、と。
またお話ししようね。
  1. 2013/12/16(Mon) 15:26:35 |
  2. URL |
  3. カイカイママ #uocAKx1g
  4. [ 編集 ]

納骨、お疲れ様でした。
ゆきくんも、おじいちゃん、おばあちゃんにちゃんとご挨拶できてえらかったね。
これからもずっと、いろんな気持ちが押し寄せたり引いたりするんだろうけど、ゆきくんはずっと寄り添ってくれるでしょうね。
全部わかってくれているから、甘えても大丈夫だと思います。
taiは・・・私が泣いていても寄り添ってくれる気がしないわ・・・。

先週末、父と姉の一周忌でした。
結局やっぱり帰ることはできず、なんだか落ち着かない感じ。

七五三、とても可愛いゆきくんと、素敵なヒナさんの写真が拝見できてうれしかった!
良い思い出ができましたね。
  1. 2013/12/18(Wed) 17:51:00 |
  2. URL |
  3. #rkd4Vjqo
  4. [ 編集 ]

カイカイママさん。

どうもありがとう。コメント読んでまたじわーっとしちゃいました。
最近ほんとうに涙もろくてねえ。すぐ泣けてきちゃうの。

そう、この先、お婆さんになった頃は
穏やかになってるかな…また違うかなとかよく想像します。

私にとってよかったと思うのは、手続やなんか含め、
いろいろなことを自分のペースで進められたこと。今回のこともあわせて。
実家も行きやすいところだし、これから本格的に家の中の整理。
一人でやるのもうやだって思うときもあったけど、
逆にそれは自由にできるっていうことだったのよね。

私がゆきくらいのときのことを思うと
やっぱり親が泣いたりしたらびっくりしたと思うけど…
自然でいいんだよね。
ゆきが小さい手でそーっと触ってくれるだけですごく救われます。
  1. 2013/12/19(Thu) 16:22:56 |
  2. URL |
  3. ヒナ #-
  4. [ 編集 ]

tamakoさん。

そうでしたか…。気持ちはいつもその人のことを想っていても、
やっぱり、ねえ、近くに戻ってお参りしたいですよね。

ゆきはほんとに、いや私の親ばかと思うのですが
なんというか敏感に察することができる、
そういうところがあるみたい。
最近はないけど、以前夜中に起きて「あーん」と私の泣くまねをしたり、
私が泣きそうになると「あっママないちゃうよ…」とおろおろしたり…
でもそこで一生懸命何かしてくれようとしてる姿が
可愛くておかしくて、笑っちゃって、何度も助けられましたねー。

納骨のときお墓で、手配してたお花のほかにお供えする花束を
ゆきに選んでもらったのだけど、なんの迷いもなく真っ白な花束を選んで、
それがよくお墓に合ってきれいで、なんかすごいわって。
今日はゆきをほめすぎました、うふふ。
  1. 2013/12/19(Thu) 21:49:14 |
  2. URL |
  3. ヒナ #-
  4. [ 編集 ]

そうですか。
お父様、お母様もみんなで一緒に連れていってもらえて喜んでいますね。
いつもそばにいますよ。
いつもいつも。
いろいろな感情もまだまだあると思いますが
それでいいんですよね。
またお父様とお母様はいつの日か
同じ宇宙の中で生き続けています♪
  1. 2013/12/22(Sun) 21:16:21 |
  2. URL |
  3. あっちゃん。 #-
  4. [ 編集 ]

あっちゃん。

いつもどうもありがとう。
もっと早くすべきだったかな、とかいろいろ思いますが
無理しないでいいのかな、とも思います。
いまだに、母と同じ病気の方のことなど聞くと気持がざわついて
落ち込むこともあります。

でも一段落して、ちゃんとお経もあげていただいて
前より近くに感じられるときがあります。
ゆきも朝晩ご挨拶してくれてます!
  1. 2013/12/25(Wed) 12:45:13 |
  2. URL |
  3. ヒナ #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowrecords.blog16.fc2.com/tb.php/320-64a0ad77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)