Snow Records

息子のこと中心の日記です



保育参加と個人面談 :: 2012/02/13(Mon)

先週、保育参加と個人面談がありました。

朝一緒に登園し、午前中~給食と過ごして、
お昼寝の間一度私だけ帰って、起きる頃行って
個人面談をして一緒に帰る、という流れです。

この日は午前のおやつのあとはホールでリズム。
がらんとして寒かったホールが、子どもたちが動きはじめると熱気でぽかぽか。

ゆきのクラスは3グループにわかれていて、
グループ毎にピアノに合わせてするところ、
他のグループさんがやっているときもやりたい気持ちをおさえられず
ずーっと参加して踊ってました。
運動会の頃よりできるようになっていてびっくり。

その後は外で凧揚げ。
気持いいお天気で、ひなたぼっこする子、草に寝転がる子、いろいろで、
私はゆきと仲良しの女の子に「ゆきくんのママーかけっこしようよー」と言われて
ひさびさ走ったりしました。


全員でリズムをしているとき、
集団の中で目立って小さく、一人だけ皆とちがう動きのゆきを見て、
普段は思わない、なんていうか現実を見せられたというか、
久しぶりにそういう気持ちになりました。

でもそんな気持ちもすぐ忘れてしまうくらい、楽しかった。
お友達それぞれの個性や、グループの人間模様がわかって面白かったし、
普段連絡帳で詳しい報告を読んでいても
実際に過ごしているところを見ると、ゆきの様子も
いろいろ新しい発見がありました。

来年度使う部屋も見せてもらったのですが、
あちこちが急に「児童」っぽく、ゆき大丈夫なのか?!と思ったけれど
そのあたりも、ゆきの様子を見ながら考慮してくれるとのこと。

あくまで生活の基盤は今と同じクラスで、
しんどそうなときだけ、年下のクラスで過ごすとか、
小さい道具を使うとか、してくださるそうです。

進級のこと、他の子とだんだん差が開いてきていることなど
最近ちょっと不安があったのですが、
いつもゆきのことをよく見てくれていて、
ゆきも楽しく過ごしている園を私はとても信頼していて、
今回の面談でそれがより強くなりました。

「できないかな」前提で接するのではなく、
ときにはちゃんと厳しく説明したりもしてくれているそうです。
そうやっていろいろアプローチをして、
そのときのゆきに合ったやり方で、成長を手伝えたらと思います、
と言ってくださいました。


クラスのお友達も、一緒にいて手伝ってくれたり、
対等に厳しくしたり、それぞれの子がすごく自然にしているそうです。
「おしゃべりできなくても子ども同士は
なんとなく通じ合っていて、皆ゆきくんの雰囲気が好きですよ」と言われて
すごく嬉しかったです。

8045.jpg
節分のお面をつくりました

------
ごはん

8027.jpg
豆ごはん さつまいもと切り昆布煮物 さんま
ブロッコりーと卵のサラダ 野菜みそ汁 

8060.jpg
ほうれん草とじゃがいものグラタン

葉物もよく食べてくれるようになりました




  1. 保育園
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<長瀞散策 | top | 新年会(ゆき)>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowrecords.blog16.fc2.com/tb.php/234-b82f6fa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)