Snow Records

息子のこと中心の日記です



STメモ :: 2010/09/05(Sun)

母が入院している病院で、看護師さんに
「ゆきくんはダウンちゃんだけどかわいい顔してるね」と言われました。
ほんとに何気なく、他意はないのでしょうが、
久しぶりに、あ、と思いました。

ふだん、忘れてるわけではないけど、
ゆきはダウン症って、最近はいちいち思って暮らしていないので
あらためてそう言われると、そうか~と思うのと、
“ダウンちゃんだけど”ということは、ダウン症だとかわいくないのか…?
健常の子に、健常ちゃんだけどかわいいねとかかわいくないとか言わないし……
なんて、少しもやもやしました。
私が気にしすぎなのか?
まあちょっともやもやしただけで、言うほど気にはしてないけど…。

------

先週はSTでした。

音の出る機械の前に座って、簡単な検査。
以前よりよくなっているよう。
聞こえというより、やっぱり発達の問題??


いつものように、先生と手遊び、おもちゃを使っての遊び。

ボール入れ・木琴・くるくるボールいれ・きらきら振動する機械、
洗濯板ビーズ、車・とんとん開けて・木の、レールを車が走っておりるやつ。

手指の発達(ボールのコントロール、小さい穴に入れる、レールにそっと置く)
→ぽいしてしまう。
ぽいする、たたく、口にいれる→結果がすぐ出る遊びがおもしろい。
車を走らせたり、結果が長くかかるものはまだ興味がない。
穴にボールを入れたりするのはできる。

コミュニケーション、共感→遊んでいて、「みてみて」「できたよ」というふうにそばにいる人を見る。
困ると、見て助けを求める。
ゆき、ボール入れで、ボールが降りてこないと
すぐ顔をみて(やってよというふうに)いたのだけど、自分でななめにしたり、ひっくりかえしたり
いろいろするようになった。

物の関連付け→木琴のバチを渡すと、ごちゃごちゃに置いてあるおもちゃの中から
木琴をえらんで叩いて遊ぶ。
ちゃんと木琴のところに行ったのでびっくりしました。

先生からおもちゃを渡されると「あーとー(ありがとう)」と言ってました。

でも「はーい」と「ばいばい」を忘れたもよう。。。


帰りに涼しい雑木林に寄りました。
木の幹を触らせたら、また怖がってた。もう……


100902.jpg
こわいですよ



  1. 療育
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<勉強会 | top | 這い這い>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowrecords.blog16.fc2.com/tb.php/165-71b1716c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)