Snow Records

息子のこと中心の日記です



離乳食メモ :: 2010/08/22(Sun)

先日の健診時の、栄養士さんとの相談覚書を
つけておこうと思います。


・食事の量、水分が足りないのではと思い食後に
 フォローアップミルクをあげている。→ミルクを飲んでいるので、食べないという
 悪循環になっているのでは(お腹が減らない)。
 ごはんを食べなくても、ママがミルクくれるからいいやという気持ちがあるのでは?
 もうそのくらいのこと考えてますよ、と言われる(思ってもみなかったのでびくり)。

・歯が少なく、丸のみのことが多いので離乳食の段階を
 すすめるのは早いのでは→慎重になりすぎることはない。
 
・おかゆが嫌い→おかゆに拘らず、大人のごはんをあげてみましょう。
 ぽろぽろしてると口の中で処理しにくいので、
 食べにくそうなら少しやわらかめにする。
 またはちょっとつぶして、おにぎり状などにする。

・スプーンで食べさせると、丸のみしてしまうが、
 バナナ等のように自分でかじりとると、ちゃんともぐもぐ咀嚼する→
 人には、かじりとる(一度口を閉じる)と、咀嚼するという 機能があるので、
 もぐもぐできる。かじりとることができる大きさのものを、
 1品加えてみては?(スティック食パン、大きめの野菜をやわらかく茹でたもの。
 こんぶをしゃぶるのも唾液が出てよい)。

・肉をまだあまりあげていない→もう大丈夫。
 食べにくいものは片栗粉をまぶして茹でるなど。
 鶏のから揚げのお肉とか意外と食べやすいですよーとのこと。
 とにかく味付けが大人の半分なら、食材もぐっと広げて大丈夫。

その他に…

家だと甘えてしまう。
保育園などに行くと、食べるようになる子も多いそう。

水分が心配なら、食事の汁もののほかに、まめに水、お茶をのませる、
甘い味のものはあげない。
小さい湯のみ、おちょこなどが意外と飲みやすい。
子ども用プラコップは案外難しいですとのこと。
(ゆきは薬を計る小さいプラスチックの容器が合うみたい)

お菓子はあげない。甘い味を覚えて、ごはんを食べなくなる可能性がある。


あまり食べなくても、一日のトータルで量を考えて、
神経質にならなくても大丈夫。
食べないと思ったら、おやつをごはんもの等にしてもよい。

等など……


やってみること。
○食後のミルクをやめて、ミルクはおやつ時のみにする。
 哺乳瓶は少しずつやめるように、練習。
○ふつうのごはんにする。
○かじれるものを食事に加える。


私が仕事の日、ばあばにあまりお願いするのは、と遠慮して
おかゆを多めに作って冷凍していた。
それでよけい不味くて、おかゆが嫌いだったんだ。
作りおきが私も負担だったし、ゆきにもよくなかった。
ばあばにお願いして解決。


ずっと哺乳瓶、ずっと食べられない、
という人はいない、いつかはできるから大丈夫!
もっとおおらかに~というかんじで、すごく気が楽になりました。


・数日試してみて
ごはん(大人のごはんを少し煮て軟飯にしている)、白いおにぎり→泣く
スティック野菜→ぽい
でもおかゆのときよりよく食べるように!

水も今まですごく嫌がっていたのだけど、少しずつ飲んでくれる。

パン等、少しずつ手づかみ食べできるようになった。


まあ、気長にやろうと思います^^




  1. ごはん(ゆき)
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
<<お熱 | top | 1歳6ヶ月健診(2)>>


comment

わー色々アドバイスもらえてよかったですね^^

哺乳瓶卒業すると、哺乳瓶飲みをしなくなって
コップが上達って聞きます。
ゆき君ファイト~~^^
色々試してみて、ちゃんと食べれてるか見てみると
いいですよね。
これから奥歯も生え揃って、そしたらまた
食べ物の形状もかわってくるだろうし。

奥歯が出てきた話を言語聴覚士の方にしたら
おかしのじゃがりこ(すぐ崩れて柔らかくなる)を
奥歯で噛ませる練習をすると
舌で巻き込むのが上手になってまた言葉の発音も
色々出るんですって~。
まー普通の子育てなら必要ないのかもしれないけど
勉強になることが多いです。
しかし、じゃがりこ…食べさせたくないわー笑
  1. 2010/08/23(Mon) 11:00:11 |
  2. URL |
  3. ぴーちソーダ #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snowrecords.blog16.fc2.com/tb.php/160-e911b8dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)