Snow Records

息子のこと中心の日記です



入院して退院しました :: 2011/05/29(Sun)

ゆき、18日に入院し、26日に退院しました。

その週の月曜日、お昼頃、保育園からまた「熱っぽいようです」と連絡があり、
迎えに行き、火曜もお休みしてました。
水曜に、仕事中の私のところに昼頃パパから「入院した」とメールがあり、
それ以降すれ違いで連絡取れないわ、早退できないわで
ずっと心配で心配でなりませんでした。

夜やっと病院に行ったときは、少し苦しそうだったけれど
酸素のテントの中で眠っていました。
昼間ばあばのところにいたのですが、急に熱が上がってぐったりしてしまい、
幸いパパが家にいたので、近所の小児科へ行ったら、
即、大学病院に行くよう言われ、
いつもの大学病院に連れて行って入院、となったそうです。

結局原因などはわからなかったのですが、肺炎とのこと。
ありがたいことに、生れたときから合併症もなく、
これまでも風邪や下痢に罹るくらいで、入院は初めての経験でした。


夜遅くに来て下さった主治医の先生に
「誰のせいでもなく、21トリソミーだから感染したら弱いんだよ」と
言われて、ふだん“障がい”とか忘れがちだった私達も、
「そうか……」とあらためて思い知らされました。

つい先日定期健診で先生に診ていただいて、
特に何もないからもうお誕生日までこなくていいよ(笑)
というかんじで言われていたのに、すぐ再会しちゃいました。


初めの頃は、酸素マスクや検査や、いやなことばかりでずっと泣いてました。
私がちょっとでもベッドを離れると大泣きだわ、一度抱っこしたら絶対降りないわ、
食欲もなく、機嫌も悪く、すべてのことがイヤイヤで、
付き添っていた私もぐったりでした。

原則夜の付き添いはナシなので、寝かしつけてから帰ってきても、
目が覚めて泣いてないかな、とか気になって気になって。
そんな心細い中、お友達からのメールなどでずいぶん励まされました。
ほんと、病気になると心細いし怖いし寂しいし…ということがよくわかりました。

110526.jpg
退院間近のころ  「出ーしーてー」

6939.jpg
退院祝いのおごちそう

6943.jpg
いただきまーす

--------

でも昨日の夜からまた38度以上お熱です…
あさって退院後診察だけど、どうなるかしら。
なかなかすっきりは治らないようです。
また保育園、慣れるまで大変だろうなー。


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:9
次のページ