Snow Records

息子のこと中心の日記です



プレゼント :: 2016/09/28(Wed)

私事ですが、先日私の誕生日がありました。
買い物のとき小さいケーキを買ってもらったので、
それを知っているゆきは夕食後そわそわ。
食べていい?ときくのでいいよと言うと、自分で冷蔵庫に取りにいき
(私は片づけをしてからゆっくりいただこうと思っていた)
『おーいしー』と満面の笑みで先に食べていました。

DSC_3508-1.jpg

DSC_3513-1.jpg
うーん満足

食べながら、『じゃあ、たべたら、ゆき、ママに、おめでとうって書くよ!』。
?と思っていると、紙とマジックを持ってきて床に座り


『おめでとう
ぷれぜんと
ママへ
ゆきやより』


と、書いてくれました。

DSC_3525-1.jpg

たどたどしく、あってるかな?という文字もありましたが
そんなことをしてくれるようになったなんて、
嬉しくて嬉しくて感激しました。
どんなプレゼントより素敵なゆきからのプレゼントでした。

こういうの親ばかっていうんでしょうけど
いい子に育ってくれて……。
嬉しい誕生日でした。



  1. ゆき7歳
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
今日の作品 :: 2016/08/23(Tue)

朝、誰よりも早起きなゆき。
大人が起きるころは、リビングで一通り遊んだり散らかしたりしているところですが
先日久々やってくれました。

DSC_3126-1.jpg

以前紙粘土で作ったいろいろな形のもの、
カラカラに乾いたのを自分で出してきて、絵具も用意して「クッキーだよ、どうぞ!」。
「トッピングした!」。オシャレじゃないか…

DSC_3131-1.jpg

床にもぎゅーっとした絵具が。。。
こらーっとしたいところでしたが、今後制作意欲をそいでしまう、
と思いやめました。
楽しんで一生懸命作ったのならいいかな。

--
またまた最近の画伯。
鉛筆で描きまくった花丸に着色してます。

DSC_3284-1.jpg

DSC_3286-1.jpg
絵の具使いが上手になってきました。

DSC_3290-1.jpg
汗もおかまいなく没頭。
見習いたいクリエイティビティです。




  1. ゆき7歳
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
夏休み・放課後デイ :: 2016/07/26(Tue)

2年生の1学期も無事終わり、夏休みが始まりました。
1学期も1日も欠席しないで、元気でがんばりました。えらい!

長期休みもほぼ毎日放課後デイの一日利用に行ってます。
公園や博物館にお出かけしたり、
買い物体験をして材料をそろえ、ランチやおやつを作って食べたり。
ゆきも楽しんで通っています。
ほかの学校の子とも親しくなっていいですね。
『ランチワークで焼肉丼した!』『おやつにゼリーつくった!』
『きょうは○曜日だから○○くんくる!』といろいろお話してくれます。

半年に一度面談があり、ゆきに合った指導、関わり方を話し合い、
そのおかげでデイの方でもいろいろな面で成長しているようです。
学校と同じく、自分から友達やスタッフに声をかけ
気持ちを伝えられるようになることが最近の課題です。


夏休みの宿題は、絵日記とチャレンジ以外特になかったのですが
ゆきが宿題にあこがれていることを担任の先生に話したら
ひらがな練習ノートと音読を用意してくれました。

--
今月はじめ、葉山のお知り合いのお宅に一泊で遊びに行きました。
今年初めての海遊び。

DSC_3161-1.jpg
そのお宅の2歳の女の子にゆきはメロメロ。
すごく可愛がってたくさん世話を焼いていました。

DSC_3149-1.jpg
夏だー。
葉山大好き。葉山の海はやっぱりいいです。






  1. ゆき7歳
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
療育覚え書き :: 2016/07/25(Mon)

赤ちゃんの頃からずっと通っていた療育。
就学してからは、夏休み、冬休みなどのお休みにOT、
主治医の定期健診(面談)は年1回というペースで続けています。

就学するとき、このペースで通うのは
正直…意味あるのかな?学校でも療育的なことをしてくれているし、
一旦卒業でいいかな?などいろいろ悩んだのですが、
やはり全く違う先生にときどき客観的にみてもらい
短時間でも指導してもらうのは良いと思い、続けています。

年1回主治医と会うときは、事前に話すことを考えていっても、
いざとなるとなんとなくうまく伝えられない私(毎度のことですが)。
差し迫った大きな悩みがないといえば、良いことなのかもしれませんが
日常生活の中で些細な気になることはたくさんある。
なんとなく漠然とした問答で終わることが多かったのですが、
今年の春のお話は心に残って、ああ、折々に思い出して気を付けようと思ったので
メモとして書いておきます。

学び始めに失敗して、嫌にならないように。
「できた!うれしい」を積み重ねて。成功体験が大事。
一度にたくさんは進まない。できているように見えても、まだ身についているわけではない。
スポーツ選手のように何度も同じことを繰り返し練習することで定着していく。
できなくても責めない、あまり注意しない。
よくできること、やりたいと思うことからとりかかる、
とにかくこの先、学ぶことがいやになって、やめないように、が一番大切、とのことでした。

注意、手伝い所の見極めが難しいことがある、と私が言うと
親も失敗してよい、失敗しないとわからないことがある。
次はどうしよう、と学んでいくのでいいのですよ、と言われ、
難しく考えすぎないでいいのだなと思いました。


  1. ゆき7歳
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
7歳健診 :: 2016/01/22(Fri)

年が明け、いつもの大学病院での健診がありました。

昨年、頸椎をレントゲンで撮って診てもらい、保留になっていたこと、
今回もう一度検査したのですが、やや気を付けなければいけない結果となりました。

ある骨が正常より少し短く、大きな力がかかると首の骨がずれる可能性が大きいそうで、
例えば将来ラグビーや柔道などはやらない。
日常生活で転ぶとか学校の体育などは大丈夫ということでしたが
跳び箱の上から落下とかは危険なのでやらない方がよいとのことでした。

それ他は特になにもなく、問診と、全体の様子を診てもらい、
次回結果がでる血液検査をして終了。
ゆきは、学校のことなど質問されてもあまり話さないでそっぽを向いていました。

人前で発表したり話したりすることが苦手なのはダウン症の特質だそう。
やればできるのに、だらだらしてやらない、時間がかかるのはゆきの性格だそう…
家でも注意とか声かけするのになんとなくいつも
“これは性格なのかな…”などと悩むことが多いです。

でも診察室に入っていったときちゃんと「あけましておめでとう」と挨拶できたのでえらかったです。

DSC_2312-1.jpg
構え方がプロっぽくなってきた!



  1. ゆき7歳
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
次のページ